もじのすけ の文字ブログ

もじのすけ の文字ブログ

文字について考えたことをつづっています

ジョジョフォント(ローマ字入力版)を作ってみた

 

 

【目次】

 

 

f:id:mojinosuke:20190516233604p:plain

 

もじのすけです。

 

突然ですが、

ジョジョフォント(ローマ字入力対応版)」

が完成しましたのでご報告します。

 

 

1 ジョジョフォント

 

ジョジョフォント」の

正式な名称は、

「JoJoFont(Bizareadventure-Regular)」です。

この「ジョジョフォント」を作ったのは

OUT OF BASE/ジョジョひみつ基地 さんです。

 

ジョジョフォント」は

OUT OF BASE/ジョジョひみつ基地さんのサイトの

擬音フォントのコーナーにあります。

 

 

この「ジョジョフォント」のダウンロードの方法は

解説しています。

そのサイトはこちらです。

 

愚者の紋章 -The Fool-  さんの解説サイト

the-fool.me

 

面白そうだと思った方は、

注意書きをよく読んでから、

インストールしてみてください!

 

これがやってみると・・・

メチャクチャ面白いんですよ。

 

インストールしたときに

打ちたいのは、やっぱり

「ゴゴゴゴゴゴ」ですよね。

 

 

f:id:mojinosuke:20190519223709p:plain

愚者の紋章 -The Fool-さんのサイトhttp://the-fool.me/pc/software/jojofont.html より

 

実際に打ってみると

気持ちいいですよ~!!

 

 

 

2 ジョジョフォント はカナ入力

 

ここで重要な注意点があります。

 

ひみつ基地さんの「ジョジョフォント」

(正式名称 JoJoFont(Bizareadventure-Regular))は、

カナ入力のフォントです。

 

カナ入力でないと表示されません。

 

 

もじのすけは、

普段、ローマ字入力でタイピングしています。

なので、

正直なところ

カナ入力の「ジョジョフォント」を

上手に打つことができません。

 

 

 

そこで、思い立ってですね・・・。

 

 

ジョジョフォント(ローマ字入力対応版)」を作ってみました!

 

このフォントは

カナ入力にも、ローマ字入力にも

対応しています。

 

 

 

 

3 ローマ字入力対応版が完成!

 

さっそく前回の記事と今回の記事の

「コンニチハ」と

「キョウハココマデ」は

ジョジョフォント(ローマ字入力対応版)」で

打ってみました。

 

これです。

 

f:id:mojinosuke:20190516233604p:plain

f:id:mojinosuke:20190519222143p:plain

 

やはり慣れた入力方式だと打ち込みやすい!

そして

ジョジョ感とでもいいましょうか、

文字そのものに

なんとも言えない味がありますね。

 

 

あまりに使いやすいので

ジョジョフォント(ローマ字入力対応版)」を

みなさんに無償公開しようと思ったのですが、

ちょっと待っていただこうと思います。

 

 

 

4 公開はまだ

 

「なんで待たなくてはいけないの?」

と思った方がいるかもしれませんね。

 

待っていただく理由をお話ししましょう。

 

ジョジョフォント(ローマ字入力対応版)」は、

ジョジョひみつ基地さんのサイトにある

この文字の形を使っています。

 

f:id:mojinosuke:20190519225237p:plain

http://www2.gol.com/users/glow/index.html より

 

 

要するに、

ジョジョフォント(ローマ字入力対応版)」は、

ジョジョフォント(カナ入力版)」の

文字の形の劣化版 

として作った物なのです。

 

 

 

ここで問題になるのが権利関係です。

特に著作権が問題となります。

 

どのように考えたらよいのでしょうか。

 

文字の形に著作権があるかどうか

について考えてみましょう。

 

文字の形を権利で守るとどうなるか。

 

文字の形を著作権などで守ってしまうと

みんなが文字を使いにくくなってしまいます。

 

想像してみてください。

 

あなたが文字を書くたびに、

どこかの誰かが

「私の文字に似てる!著作権の侵害だ!」と

クレームをつけてきたらどうでしょうか?

 

自由に文字が書けなくなって困りますよね。

 

そこで、著作権の世界では

書家の書みたいなよほどの美的なものを除き

文字の形そのものには

通常は、著作権発生しない

ということになっています。

 

それでは、ジョジョフォントは

どうなるのでしょうか。

 

ジョジョフォント(カナ入力版)」の場合には、

1文字ずつが絵的で個性的です。

書家の書に近いかもしれません。

 

なので、それぞれの文字について

文字を書いた(描いた?)人に

著作権が発生している可能性があります。

 

逆にもし、

文字の形が著作権が発生するほどには

個性的でないといえるのであれば、

権利関係上は、

文字を書いた人(荒木飛呂彦先生?

それとも、ジョジョひみつ基地さん?)に

断りを入れることは不要です。

 

つまり、この場合は

もじのすけは、誰の断りもなく

勝手に公開することができます。

 

 

ですが、

先ほど説明しましたとおり

私が作った

ジョジョフォント(ローマ字入力版)」は

ジョジョフォント(カナ入力版)」の

劣化版にすぎません。

 

そして、

ジョジョフォント(カナ入力版)」は、

ひみつ基地さんが文字の形を苦労して

取捨選択されたものだと思います。

 

ですので、

公開してよいのかどうかに当たっては、

ひみつ基地さんのご判断をいただくべきだと

思っています。

 

ということで

あれこれ書きましたが、

今回の記事の要点はこんな感じです。

 

【要点1】

ジョジョフォント(ローマ字入力版)」が完成した。

 

【要点2】

だが現時点では「ジョジョフォント(ローマ字版)」は公開しない。

 

【要点3】

公開するかどうか、

公開するならどうやって公開するか、は

ジョジョフォント(カナ入力版)」製作者の

ジョジョひみつ基地さんにお伺いを立てる。

 

というお話でした。

 

 

私自身は権利は何も要らないので

ひみつ基地さんの「ジョジョフォント」

(正式名称 JoJoFont(Bizareadventure-Regular))

だけでなく、

ジョジョフォント(ローマ字入力版)」も

何らかの形でみなさんに使ってもらえる

状況になったらいいなあ、と思っています。

 

 

状況がはっきりしましたらご報告します。

 

 

それでは!

 

 

f:id:mojinosuke:20190516234008p:plain 

 

 

 

 上杉謙信の手書き文字から作った

 「けんしんフォント」無償公開中

  【ダウンロードはこちら】

        ↓
 http://mojinosuke.hatenablog.com/entry/2017/04/06/130000

 

  

定期的に読んでいただけると嬉しいです。 

↓↓↓